デリケートゾーン黒ずみクリームランキング!

ランキング

デリケートゾーンの黒ずみ、本当に大きな悩みですよね。

「こんな黒ずんでるのって私だけ?」

「遊んでいると思われないかな・・」

・・・と。

いざ、自分で黒ずみを治そうとしても、世にはたくさんのケア用品があり、何を選べばいいかわかりませんよね。

黒ずみを治すアイテムには、ソープやオイル、パックなど、様々なタイプのものがありますが、黒ずみにしっかりとアプローチできるのは「クリーム」タイプ。

ソープなどの洗浄剤も、長い目でみれば黒ずみに効果はありますが、洗い流してしまうもの。

美白成分をじっくり肌に届ける、という性質のものではありません。

また、オイルタイプのものは、保湿がメインで美白成分が配合されていないものが多いのが現状です。

黒ずみを治すのに、最も効果的にアプローチできるのが、美白成分をしっかり配合した「黒ずみ美白クリーム」です。

ここでは、コスメコンシェルジュである私が、正しい「デリケートゾーン黒ずみ美白クリーム」の選び方をお伝えし、人気商品を比較してランキング形式でご紹介します。

毎日のクリームケアで、「黒ずみがなくてキレイ!」「他の子とちがう!」と思ってもらえる「デリケートゾーン」を目指しましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す美白クリーム、おすすめランキング!コスメコンシェルジュが選ぶ!

※スマートフォンでご覧の場合は、横にスクロールできます。

RANK 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品名 イビサクリーム

ハーバルラビット

ホスピピュア

ピンキッシュボーテ

ホワイトラグジュアリー

総合評価 4.8

4.5

4.0

3.8

3.5

価格 4,900円

4,750円

4,500円

初回 無料

2回目~6,000円

初回2,990円

2回目~5,980円

継続必要回数 なし

2回

2回

3回

3回

美白有効成分 トラネキサム酸

グリチルリチン酸2K

プラセンタエキス

グリチルリチン酸2K

トラネキサム酸 プラセンタエキス

グリチルリチン酸2K

プラセンタエキス

グリチルリチン酸2K

形状 クリーム ゲルクリーム クリーム ジェル  クリーム
返金保証 28日間

60日間

90日間

なし

×

90日間

公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
レビュー レビュー 詳細ページ 詳細ページ

 

1位:イビサクリーム

イビサクリーム

脱毛サロン発、医薬部外品のデリケートゾーン黒ずみ美白ケアクリーム。

美白成分はトラネキサム酸を配合。

メラニンの生成指令を止めることで、メラノサイトでメラニンが作られるのを防ぎ、黒ずみを予防します。

同じく配合されている有効成分「グリチルリチン酸2K」とともに抗炎症効果がある成分なので、摩擦によって炎症を起こしやすいデリケートゾーンを黒ずみから守ります。

>>イビサクリーム公式HP

 

2位:ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

アソコ訴求

医薬部外品のデリケートゾーン黒ずみ美白クリーム。

有効成分は、水溶性プラセンタエキスと、グリチルリチン酸2Kが配合されています。

水溶性プラセンタエキスは、美白成分としては刺激が弱いタイプなので、敏感肌の方にもおすすめ。

また、補助的な美白成分として、ビタミンC誘導体もプラスして配合されています。

さらっとした使用感と、かわいいうさぎのパッケージも人気の秘密。

>>ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム公式HP

 

3位:ホスピピュアVIO

ホスピピュアVIO

湘南美容クリニックが開発したデリケートゾーン専用黒ずみ対策クリーム。

有効成分はトラネキサム酸。

他にもビタミンC誘導体、トウキエキス、シルバーバイン果実エキス・ローマカミツレエキスが、黒ずみにアプローチします。

エアレスポンプを使用しているので菌が混入することなく、最後まで清潔に使用できるのも特徴。

>>ホスピピュアVIO公式HP

 

4位:ピンキッシュボーテ

デリケートゾーン訴求

有効成分は水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸2K。

さらに、美白効果のある「ビサボロール」、「加水分解米ぬかエキス」も加えて配合。

ヒアルロン酸Na、コラーゲンなどの保湿成分も豊富。

ナノ化カプセル採用で成分が肌に浸透しやすいのも特徴です。

>>ピンキッシュボーテ公式HP

 

5位:ホワイトラグジュアリープレミアム

ママ訴求イラスト

有効成分は水溶性プラセンタエキスとグリチルリチン酸2K。

3種類のビタミンC誘導体など、7種類の美白成分を配合。

ビタミンC誘導体は独自処方により、角質層まででなく、メラノサイトの発生源である基底層まで浸透するのが特徴。

>>ホワイトラグジュアリープレムアム公式HP

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す美白クリームの選び方【失敗しない5つのポイント】

①美白効果が実感でき、かつ続けて使用できる価格のクリームを選ぶ。

価格と効果のバランス

デリケートゾーンの黒ずみ美白クリームは、「今日ぬって、すぐに効果がでる!」というものではなく、少なくとも3カ月~半年は使い続けて初めて効果が実感できます。

そのため、あまりにも価格が高いものだと、使い続けることができず、黒ずみへの美白効果を実感する前に使用をやめてしまった、ということもよく聞く話です。

それでは全く意味がないですよね。

逆に、価格の安さだけで言えば、市販のドラッグストアなどでも手に入れられるクリームはありますが、中には肌に負担があるものや、効果が実感できないものも多くあります。

その場合、次から次へと他のものを試してみたくなり、余分に費用が掛かってしまう場合も。

そのため、効果と価格のバランスの取れた黒ずみクリームを上手に探し、選ぶことがとても大切です。

そこでおすすめしたいのが、「通販の黒ずみ美白クリーム」です。

通販の場合、店舗での販売と比較して、流通コストが削減できるため、質の高い成分が配合されているなど、品質の高いものが手ごろな価格で購入できます。

 

 

②デリケートゾーンの黒ずみを治す「美白力」が高い商品を選ぶ

美白成分

デリケートゾーンの黒ずみを治すクリームといっても、世には様々な商品があります。

効果を実感するには、しっかりと黒ずみにアプローチしてくれる「美白成分」が配合されているかどうか、ということか大切。

そのための目安として「医薬部外品であるか」どうかをチェックしてくださいね。

医薬部外品とは、「厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されている商品」ということなので、しっかりと美白成分が配合されているという目安になりますよ。

(参考)「厚生労働省 医薬部外品」

特にオーガニックのデリケートゾーン黒ずみクリームなどには多いのですが、全く美白成分が配合されていないのに、「美白クリーム」として販売されているものもあります。

オーガニックのデリケートゾーンクリームを否定しているわけではないですよ。

オーガニックのクリームには「癒される心地よいエッセンシャルオイルの香り」が魅力的であったり、植物エッセンスの力で肌に活力を与える、など、オーガニックならではの良さもあります。

ただ、「デリケートゾーンの黒ずみを治す、美白する力」という点のみに関して言えば、厚生労働省によって認められた「美白有効成分」には及びません。

遠回りすることなく、黒ずみを治したい!という場合は、医薬部外品の黒ずみ美白クリームを選ぶことをお勧めします。

 

③肌に優しく、デリケートゾーンに最適な美白成分が配合されているかどうか。

肌に優しい

美白成分と一言で言っても、その種類はかなりの数存在します。

そして、中には刺激が強い美白成分もあります。

いくら黒ずみを治す効果が高くても、繊細なデリケートゾーンに使用する美白成分は、できるだけ刺激のない、肌に優しいものでなければなりません。

刺激を与えると、かゆみや乾燥につながり、黒ずみを悪化させてしまうことにも。

例えば美白成分「ハイドロキノン」は、非常に強力な成分で、塗ると確かにシミや黒ずみを治すことができます。

他の美白成分と比べて効果が出やすく、そして即効性もあります。

しかし、この成分は効果が出るかわりに刺激が強いので、デリケートゾーンに使用するとしみたり、刺激を感じる場合もあります。

(引用)本物質にはメラニンの合成を阻害する作用があり、本物質を 5%以上含む美白クリームの使用で紅斑や刺痛などの一次刺激や組織褐変症、膠様稗粒腫などの副作用、皮膚炎患者での感作反応が報告されている

出典:環境省 ヒドロキノン

 

ハイドロキノン以外にも、ビタミンC誘導体も、種類によっては強力な還元作用があり、肌に刺激になることもあります。

そのため、ビタミンC誘導体を美白成分のメインとして使用しているものは避けた方がいいでしょう。

有効成分としてではなく、補助的に配合されているものは濃度が濃くないので大丈夫ですよ。

肌に優しく、かつ美白効果の高い美白成分としては、「トラネキサム酸」「水溶性プラセンタエキス」などが代表的です。

特に「トラネキサム酸」は、美白効果とともに「抗炎症効果」もあり、下着などの摩擦によって炎症を起こしやすいデリケートゾーンには最適な美白成分と言えます。

デリケートゾーンの黒ずみケアクリームを選ぶときは、美白成分が肌に優しく刺激がないものか、ということはしっかりチェックしておきましょうね。

 

④チューブタイプかポンプタイプのクリームを選ぶ

クリームの容器

デリケートゾーン用の黒ずみを治すクリームを選ぶときのパッケージの形状は、「チューブタイプ」か「ポンプタイプ」をおすすめします。

なかには、ジャータイプのものもありますが、使用のたびに手を入れることになり、雑菌が繁殖しやすく不衛生です。

デリケートゾーンが細菌やカビに感染して炎症を起こすと、外陰炎や、さらに深刻な感染症を引き起こすことも。

(参考:細菌性膣症)

女性の体のなかで最も大切なパーツであるデリケートゾーンのケアは、雑菌が繁殖していない、清潔な美白クリームを使用しましょう。

パッケージの形状も、黒ずみ美白クリームを選ぶ際には、大切なポイントです

 

⑤返金保証がついている黒ずみ美白クリームを選ぶ

通販のクリームには、返金保証がついているものもあります。

万が一、肌に合わなかった場合や思うような効果が得られなかったときに、「返金保証」がついていると、安心して購入することができますね。

また、返金保証がついている、ということはそれだけメーカーが「商品に自信がある」という証拠でもあります。

品質がよいものほど「返金保証」がついていることが多いので、返金保証の有無についてもチェックすることをおすすめします。

 

以上の選び方を基準に、コスメコンシュルジュである私が、おすすめのデリケートゾーン美白クリームを比較し、ランキング順位を割り出してみました。

 

ランキング1位のデリケートゾーン黒ずみ美白クリームを確認する

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?なぜ起こるの?

デリケートゾーンの黒ずみは、肌のターンオーバー(=肌の生まれ変わり)により、メラニン色素が皮膚の外側に押し出されて、次第に消えることがほとんどです。

しかし、紫外線を浴び続けたり、ターンオーバーが正常に行われないと、そのまま色素沈着となって残り、消えにくくなってしまうんです。

このほか、色素沈着の原因として、衣服の擦れナイロンタオルの使用といった物理的刺激も挙げられます。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れが関係している場合も。

デリケートゾーンの黒ずみは、肌に刺激が加わることによって、肌のメラノサイトという色素細胞から分泌されたメラニン色素が沈着して起こります。

「デリケートゾーンの黒ずみができるしくみ」について詳しくみてみましょう。

 

【デリケートゾーンの黒ずみができるしくみ】

ハイドロキノンの働き

①デリケートゾーンへの刺激がメラノサイトに作用する

デリケートゾーンの表皮細胞に、刺激や摩擦などが加わると、活性酵素(情報伝達物質)が、メラノサイトに、「メラニンを作れ!」という指令を送ります。

②チロシンがメラニンに変化する

シグナルを受けたメラノサイトでは、メラノサイトの中にある「チロシン」というアミノ酸が少しずつ変化して

チロシン⇒ドーパ⇒ドーパキノン⇒メラニンとなります。

この変化の過程をになうのが、「チロシナーゼ」という酵素です。

「チロシナーゼ」という酵素によって、メラニンが作られるわけですね。

③メラニンが表皮にたまり、黒ずみに。

メラノサイト内で作られたメラニンが、次々に表皮に受け渡され、過剰に蓄積すると黒ずみになります。

メラニンは、本来なら肌のターンオーバーにより古い角質とともに剥がれ落ちますが、多く作られすぎると剥がれ落ちずにそのまま表皮に残ってしまうのです。

(参考:メラニン産生阻害剤と皮膚色素沈着のメカニズムに関する研究)

(参考:メラノソームの形成・成熟・輸送のしくみ)

 

具体的に、日常生活のどんなことが、デリケートゾーンの黒ずみの原因になっているのか、順にみていきましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因①下着の締め付けや摩擦

毎日着けている下着。サイズが合っていないと締め付けにより色素沈着の黒ずみができてしまいます。

また、体を動かす度に下着の摩擦で黒ずみが発生します。

これは人が普通に日常生活を送る以上、ある程度は避けられないものです。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因②ペーパーや生理用品による摩擦

お手洗いに行きペーパーで拭く、という行為。

一日に何度も繰り返しますよね。

この時に力をいれて拭きすぎると、摩擦となり黒ずみの原因になります。

また、生理用品が肌をこすれることも黒ずみの原因の一つです。

生理時、デリケートゾーンの肌は、いつも以上に敏感になっています。

生理用品が肌に合わないことによるかゆみや肌荒れも、黒ずみの原因になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因③強く洗いすぎる。

デリケートゾーンはニオイも発生しやすいので、ついつい力をいれてしっかり洗ってしまいがち。

しかし、ゴシゴシ洗いは摩擦となって黒ずみを引き起こしてしまいます。

また、デリケートゾーンは油分も少ない箇所なので、乾燥を引き起こしてしまうことも原因の一つです。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因④アンダーヘアの自己処理によるもの。

アンダーヘアをシェーバーやカミソリ、毛抜きなどで何度も処理し続けることも、炎症による色素沈着の黒ずみの原因になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因⑤ホルモンバランスの乱れ

作られたメラニンは、本来なら肌のターンオーバーによって古い角質とともに剥がれ落ち、黒ずみとして残ることはありません。

しかし、加齢や、生活習慣の乱れなどによってホルモンバランスが乱れると、ターンオーバーが正常ではなくなり、メラニンが排出されずに肌に残ってしまいます。

これが黒ずみの原因となります。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因⑥乾燥している

デリケートゾーンは、おりものや生理時の経血などで湿っていることもあり実感しにくいのですが、実は乾燥していた、ということもよくあります。

特に更年期を迎えた女性は乾燥を感じやすくなります。

乾燥すると皮膚が炎症を起こしやすくなり、黒ずみの原因になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治すにはどうしたらいい?改善方法は?

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法①下着は締め付けの少ないものを。

 

ゆったりとした下着

毎日つける下着は、サイズが小さすぎない、体に合ったものを選びましょう。

ゴムの部分がキツイと刺激になり、黒ずみの原因になるので、シームレスタイプのショーツもおすすめです。

タンガやTバックショーツはスタンダードショーツよりデリケートゾーンに食い込みやすく、刺激となるのでできれば避けた方が無難。

また、素材も、「レースがふんだんに施されたもの」はチクチクして、かゆみなどの原因となります。シルクやコットンなどの天然素材や、なめらかなモダール素材のものを選ぶといいでしょう。

最近出ている「ふんどしショーツ」も、締め付けがほとんどなく、黒ずみになりにくいショーツです。

リンパも締め付けないため、体もリラックスでき、一石二鳥ですね。

見た目はちょっとセクシーさが足りない・・という方は、予定によって履き分けましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法②お手洗いのときは、ペーパーで力を入れて拭きすぎない。

 

ペーパーで優しく拭く

お手洗いでデリケートゾーンをペーパーで拭く、という毎日の行為。

決して力を入れて拭かないようにしましょう

また、できればウォッシュレットを利用し、ペーパーでは最後に水滴をそっとぬぐう、という程度で。

自宅のペーパーは柔らかい質感のものを選ぶようにしましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法③生理用品は肌に合ったものを選ぶ。

肌に合う生理用品

生理中のデリケートゾーンは、いつも以上に敏感になっています。

生理用品が肌に合わず、かゆみが出た、かぶれてしまったという経験のある方も多いのでは?

黒ずみを予防するには、敏感肌用のかぶれにくい製品を選ぶのがおすすめです。

また、それでも肌に合わない、生理のたびに毎回不快な思いをする、という方は、タンポンに変えてみたり、布ナプキンを試してみるのもおすすめ。

使い捨てのナプキンの吸収体は高分子ポリマーと呼ばれるものです。

また、直接肌に触れる面もポリエチレンフィルムといった素材で、どちらも石油からできたもの。

肌に合わないという方も多いようです。

主にコットンなどの天然素材でできた布ナプキンは、使い捨てのナプキンと比べて肌に優しく、黒ずみ予防になります。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法④入浴時は、優しく洗う。

 

肌に優しい石鹸

デリケートゾーンは、ニオイが気になったり、おりものや生理時の経血などの汚れをしっかり落とそうと思うあまり、ついついゴシゴシ洗ってしまいがち

デリケートゾーンは、皮膚が薄く、少しの刺激でも黒ずみを引き起こしてしまうので、できる限る優しく洗うようにしましょう。

ボディソープをしっかり泡立てから手に取り、そっとなでるように洗うと良いです。

ナイロンタオルでゴシゴシ洗うのは厳禁。

泡で出てくるタイプのボディソープで、配合成分が敏感肌用の処方になっているものは、刺激が少なくおすすめです。

また、デリケートゾーン専用ソープを使用するのも黒ずみ予防に効果的です。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法⑤アンダーヘアは、自己処理ではなく脱毛サロン・美容皮膚科で脱毛する

脱毛サロン

アンダーヘアをカミソリや毛抜きなどで自己処理をしていると、肌負担はかなりものに。

処理してもすぐにまた生えてきてしまうので、何度もしなければいけませんよね。

デリケートゾーンの黒ずみをこれ以上悪化させないためには、脱毛サロンや美容皮膚科でレーザー・光脱毛をするのがおすすめ。

もちろん、レーザーなどの光が全くデリケートゾーンに刺激を与えない、というわけではありません。

光を当てるときは、もちろん、ある程度の肌負担はあります。

しかし、サロンで脱毛してしまうと、永久ではありませんが、少なくとも10年程度は生えない状態を保つことができます。

週に1回程度やらなければならない自己処理と比べると、トータルで考えると肌負担は少なくなるんですね

また、ヘアの量を減らすこともでき、生理時のかゆみやムレなども軽減するので、黒ずみ予防になります。

ミュゼ/両ワキ・Vライン完了コース【100円】

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法⑥ホルモンバランスを整える。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが整うと、肌のターンオーバーも正常に働き、メラニンを含む古い角質が剥がれ落ちるので、黒ずみ予防に効果的です。

ホルモンバランスを整えるためには、以下の3つの点に注意して生活すると良いでしょう。

1.睡眠をしっかりとる

現代女性の多くは仕事や家事・育児など多くの役割を果たすため、睡眠が慢性的に不足している方が多いのが現状。

ホルモンバランスを保つためには、カフェインを摂取しすぎない、スマートフォンを就寝前に見ないようにする、などといったことに気を付け、しっかり睡眠時間を確保するようにしましょう。

2.ストレスをためない

仕事や人間関係でストレスを抱えがちな方は、休日は趣味に没頭したり、運動を始めたりするなど、自分なりのストレス解消法をみつけましょう。

3.食生活は3食しっかり、栄養バランスを考えて。

忙しいとついつい朝食を抜いたり、外食に頼ったりしがちですが、毎日の食事があなたの体をつくっています。

栄養が偏ってしまうと、ホルモンバランスが崩れ、デリケートゾーンの黒ずみの原因に。

できるだけバランスの良い食事を取るように心がけましょう。難しい場合は、サプリなどで足りない栄養素を補うようにしましょう。

また、極端なダイエットは、ホルモンを作り出すアミノ酸(たんぱく質)不足になりがちなので、避けるようにしましょう。

ホルモンバランスを整えるために摂取した方が良い栄養素を、以下にまとめました。

 

ホルモンバランスを整える栄養素

イソフラボン

女性ホルモンに似た働きがあります。

(例)大豆製品。

ビタミンB6

女性ホルモンの分泌を促します。

(例)レバー、ナッツ、マグロなど。

ビタミンE

女性ホルモンの分泌を促します。

(例)うなぎ、かぼちゃ、アボカドなど。

(参考)厚生労働省による栄養指導

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法⑦クリームでケアする。

デリケートゾーンの乾燥を防ぐために、入浴後はクリームでしっかり保湿するようにしましょう。

敏感なデリケートゾーン専用で、効果の実感できる美白成分がしっかり配合されているものを選びましょう。

>>デリケートゾーン黒ずみケアおすすめクリーム

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法⑧皮膚科のレーザー治療を受ける。

美容皮膚科では、インティマレーザーと言って、デリケートゾーンにレーザーを照射し、メスを使わずデリケートゾーンの黒ずみを解消することのできる治療法があります。

黒ずみに加え、尿漏れや膣のひきしめなどにも効果的。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法⑨皮膚科の塗り薬・飲み薬で治す。

皮膚科を受診すると、デリケートゾーンの黒ずみ治療薬として、「ハイドロキノン」や「レチノイン酸」などが処方されます。

また、クリニックによっては、「ビタミンC(シナール)」や「トラネキサム酸」などの飲み薬も併用して処方されることもあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみを治すにはどの対策がベスト?

ここまで、デリケートゾーンの黒ずみを治すために、どんな方法があるのか?ということについてみてきましたが、これらの改善・治療方法は、どれがいちばん良いのでしょうか。

黒ずみ改善までにかかる費用や期間を比較し、点数にしてみました

※スクロールできます。

黒ずみを治す方法 1か月に必要な費用 黒ずみを治すまでの費用 黒ずみを治すまでの必要期間 総合評価
下着の見直し 2千円~5千円 1万円~2万円

80点

1年~2年

60点

70点

生理用品の見直し 千円~3千円 5千円~1万円

90点

1年~2年

60点

75点

脱毛の見直し 5千円~1万円 10万円~20万円

30点

1年~2年

60点

45点

生活習慣の改善 0円~1万円 0円~12万円

100点

2年~3年

40点

70点

レーザー治療 10万円~30万円 10万円~80万円

0点

数週間~半年

100点

50点

皮膚科の塗り薬

飲み薬

5千円~1万円 2万円~8万円

60点

3カ月~1年

90点

75点

黒ずみを治す石鹸 2千円~4千円 3万円~10万円

50点

1年~2年

60点

55点

黒ずみを治すクリーム 4千円~5千円 2万円~6万円

70点

3カ月~1年

90点

80点

 

これらの「黒ずみを治す方法」を、すべて実行するのがもちろん一番理想的ですが、費用の面などを考えると、なかなか一度にすべてを実行するのは難しいですよね。

生活習慣や下着・生理用品の見直しなどは、費用はさほどかかりませんが、デリケートゾーンの黒ずみを治すにはかなりの期間が必要です。

また、「皮膚科のレーザー治療」はすぐにデリケートゾーンの黒ずみを治すことができますが、まとまった費用が必要なのが難点です。

皮膚科の「塗り薬や飲み薬」で治すのも、診察代がかかってしまったり、ハイドロキノンなどの塗り薬は肌に刺激が強く、人によってはデリケートゾーンの肌には使用できない場合も。

これらの治療方法のうち、いちばん「安全」で「多くの費用もかけず」に黒ずみを治すことができるのはデリケートゾーン専用の黒ずみクリームを塗ることです。

レーザーのような即効性はもちろんありませんが、毎日使用することにより、「美白成分」が黒ずみにしっかりアプローチし、3カ月程度で効果が実感できる場合がほとんどです。

安全性と効果、そして価格のバランスが最もとれているのが「黒ずみ美白クリームでケアすること」です。

まずは、手軽なクリームで、デリケートゾーンの黒ずみケアをはじめてみてはいかかでしょうか。

デリケートゾーン黒ずみクリームおすすめはこちら

 

●厚生労働省「薬機法」

●消費者庁「景品表示法」

 

タイトルとURLをコピーしました