デリケートゾーンの洗い方は?石鹸は使わない?お湯だけでもいいってほんと?

シャワー セルフケアで黒ずみを治す

女性のデリケートゾーンは、複雑な形をしていて汚れがたまりやすい箇所です。

しかし、その一方、皮膚がとても薄く、少しの刺激でも炎症を起こしやすいので、洗い方には注意する必要があります。

ここでは、デリケートゾーンの正しい洗い方と、洗うときには「お湯だけでいいのか」「石鹸を使う必要があるのか」ということについて見ていきたいと思います。

デリケートゾーンの洗い方は?石鹸は使わない?お湯だけでいいの?

せっけn

「デリケートゾーンに石鹸は使うとしみるので、お湯だけで洗っている」

という方も実際いるようです。

確かに、洗いすぎは炎症を起こして肌荒れや黒ずみなどの原因になるので、避けた方がいいのは事実です。

また、デリケートゾーンには「デーデルライン桿菌」といって、膣内を酸性に保ち雑菌から守る善玉菌が存在します。

参考:ヒトの子宮炎および膣炎における発症要因と治療

ゴシゴシ洗いは、女性の体を守ってくれている、それらの善玉菌も根こそぎ洗い流してしまいことになってしまいます。

そのため、肌荒れを起こしていたり、できものができてしまっている場合などは、治るまでの期間だけは「お湯のみ」で洗う方が肌のバリア機能の回復のためにも良いと言えるでしょう。

しかし、「常にお湯だけで洗う」というのは雑菌が増えたり、ニオイの原因になる場合もあるので、避けたほうが良いです。

デリケートゾーンは汗もかきやすく、清潔にしていないと、かぶれやかゆみなどの肌トラブルも起こしやすい箇所です。

そのため、肌に刺激のない優しい洗浄料を使って、刺激を加えずに「しっかりと洗うこと」が肝心です。

通常の体を洗うボディソープでは刺激が強い場合が多く、「デリケートゾーンがしみる」原因になります。

洗顔料で顔を洗うように、デリケートゾーンも専用の洗浄料を使って洗うことをおすすめします。

 

デリケートゾーンの正しい洗い方は?

デリケートゾーンの「やってはいけない洗い方」は?

NG

デリケートゾーンの肌を痛めてしまう、やってはいけない洗い方は次の通りです。

●ナイロンタオルやスポンジなどで、強くこすること。
●爪を立てて洗うこと。
●膣の中まで洗うこと。
●後ろから前へは洗わない(雑菌が入るため)

デリケートゾーンの「正しい洗い方」は?

①まずは、自分のデリケートゾーンを鏡で確認してみよう。

デリケートゾーンはまじまじと「見たことがない」という方も多いかもしれませんが、女性の体のなかでも最も大切な部分。

鏡を使ってチェックすることによって、デリケートゾーンのひだの部分に汚れはたまっていないか、肌荒れやできものはないか、などを確認することができます。

万が一、感染や病気などの場合、早期発見にもつながりますよ。

②洗浄剤はしっかり泡立てて洗おう。

肌を傷付けないためにも、洗浄料は「しっかり泡立てて」洗いましょう。

あらかじめ泡で出てくるタイプの「デリケートゾーン」をチョイスするのも良いです。

③Vラインは、手のひら全体でマッサージするように。

Vラインは鼠径部にリンパがありますので、手のひら全体を使ってマッサージするように洗いましょう。

また、アンダーヘアも多い箇所なので、洗い残しがないように丁寧に洗いましょう。

④Iラインは、指の腹を使って、広げながら洗う。

Iラインはデリケートゾーンの中でも、粘膜もあり繊細な箇所なので、傷つけてしまわないように指の腹を使って丁寧に洗います。

デリケートゾーン洗い方

Iラインは、ひだになっていて汚れや恥垢がたまりやすい箇所なので、大陰唇部分を広げながら洗うようにしましょう。

小陰唇は特にゴシゴシ洗いが厳禁な繊細な箇所です。

なぞるようにそっと洗うだけで十分です。

⑤Oラインは、しっかり洗う。

Oラインは大腸菌などが付着しやすい箇所。そのままにしておくと、ニオイが発生しやすい部分でもあります。

デリケートゾーンのなかでも、特にしっかりと洗いたい箇所です。

アンダーヘアにトイレットペーパーが絡まっていないかなど、確認しながら洗っていきましょう。

⑥洗浄料が残らないようにシャワーでしっかり洗い流す。

洗浄料が肌に残ったままですと、デリケートゾーンの肌荒れやかゆみなどの原因になります。

洗った後は、優しい水圧のシャワーでしっかりとすすぎましょう。

Iラインも少し広げながら流すと良いですよ。

デリケートゾーンは洗った後、乾燥させることも大切。

お風呂でデリケートゾーンを洗った後、すぐに下着をつけてしまうと、蒸れて雑菌が繁殖してしまう場合もあります。

特に暑い季節は、要注意。

しばらく下着をつけずにそのままにしておき、ある程度乾燥したら下着をつけるようにしましょう。

ドライヤーなどでアンダーヘアを乾燥させるのも良いでしょう。

また、入浴後の下着は、綿やシルクなどの天然素材で、蒸れにくいものを選ぶのが良いですよ。

乾燥したら、保湿クリームでケアを。

クリーム

しっかり乾燥させたら、保湿クリームで、デリケートゾーン全体をケアしましょう。

デリケートゾーンも乾燥します。

毎日、顔のスキンケアを入浴後にするように、デリケートゾーンのケアも習慣にすると、いつまでも若々しいデリケートゾーンをキープすることができますよ。

おすすめは、くすみがちなデリケートゾーンの美白もできるクリームです。

 

コメント

  1. […] ●デリケートゾーンの正しい洗い方って知ってる?お湯だけでいいってほんと? […]

タイトルとURLをコピーしました