デオコボディソープはデリケートゾーンのニオイに効果ある?口コミと成分をチェック!

デリケートゾーン用石けん

女性のニオイに着目したデオドラントブランド「デオコ」。

デオコのボディソープ「薬用ボディクレンズ」はデリケートゾーンのニオイに効果があるのでしょうか?

口コミと成分から検証したいと思います。

 

デオコボディソープの口コミは?デリケートゾーンのニオイに効果ある?

デオコボディソープのアットコスメの口コミは?

デオコアットコスメ口コミ

ただ正直匂いに関してはあまり期待してなかったけれど、下の話で申し訳ないですがデリケートゾーンの匂いもかなり軽減されました。
個人差は勿論ありますが効いてるんだなと。

ーアットコスメ

 

これを使い続けるうちに、服の中でこもる匂いを感じなくなりました!胸元の匂いもしなくなり、デリケートゾーンの匂いもしなくなりました?うれしい

ーアットコスメ

 

先に体全体を泡立てた石鹸で洗ってから使用してます。
ワンプッシュを脇、首の後ろ、胸の周り、デリケートゾーンに擦り込むように。
デリケートゾーンは明らかに臭わなくなりました。
お値段高めですがワンプッシュでこの働きならば納得です。

ーアットコスメ

 

・1プッシュで泡立ちよく全身洗える
・泡切れさっぱり
・残り香もいい感じ!
ただ、使い始めて一ヶ月頃から、デリケートゾーンが痒くなり・・・
病院で診てもらっても原因不明。
治ったりぶり返したりを数ヶ月続けているうちに、慢性化してきたような
もしかしてと思って、ボディソープを変えてみたら、今のところ再発せずに済んでいます。
殺菌成分がデリケートゾーンには強いのかも。

ーアットコスメ

 

デリケートゾーンに使用すると、ヒリヒリするため、リピはなしです。

ーアットコスメ

 

デリケートゾーンは、そちらに使っても大丈夫なソープしか使用してこなかったせいかヒリヒリが凄くて断念。

ーアットコスメ

 

デオコボディソープのツイッターの口コミは?

デオコボディソープの口コミをチェックしてみると、「デリケートゾーンのニオイに効果があった」という口コミと、「デリケートゾーンに使うとヒリヒリする」「デリケートゾーンがかゆくなった」という口コミが半々のようです。

消臭効果は確かにあるようですが、敏感肌の方は注意が必要ですね。

ここで、デオコボディーソープの全成分をチェックしてみましょう。

 

デオコボディソープの全成分は?デリケートゾーンのニオイに効果どう?

チェック

【デオコ薬用ボディクレンズの全成分】
イソプロピルメチルフェノール 殺菌・抗菌成分【有効成分】
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症成分【有効成分】
カオリン 吸着剤・研磨剤
ビタミンCリン酸Mg ビタミンC誘導体
ラウリン酸 脂肪酸。石鹸成分のひとつ。
POEラウリルエーテル酢酸Na 陰イオン界面活性剤
ミリスチン酸 脂肪酸。石鹸成分のひとつ。
PG 保湿剤
ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム 陰イオン界面活性剤
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液 両性界面活性剤
水酸化K 石鹸合成作用・PH調整
パルミチン酸 脂肪酸
粘度調整剤 増粘剤
ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド 非イオン界面活性剤
シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール 乳化安定剤
酸化チタン 白色顔料。着色剤
メントール 清涼剤
EDTA-2Na キレート剤
アルギン酸Na 増粘剤
ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル 防腐剤
水酸化Al 表面処理剤
フェノキシエタノール 防腐剤
香料

デオコボディソープの成分をチェックしてみると、洗浄成分が石鹸成分ベースで配合されているために、アルカリ性であることがわかります。

デリケートゾーンのお肌は弱酸性なので、アルカリ性の洗浄剤ではヒリヒリしみる場合が多いのです。

また、カオリンなどの「スクラブや炭で皮脂を吸着して取り除く」という点も、「ニオイを取り除く」という目的ではいいのですが、デリケートゾーンのように皮膚が薄い箇所には刺激になってしまいます。

さらに、メントールの清涼感も、デリケートゾーンには刺激となり不要な成分です。

デオコボディソープは、「とにかく体にニオイを消したい!」という要望には強くこたえられるボディソープです。

しかし「デリケートゾーンを優しく守りながらニオイを消す」という配慮はされていません。

そのため、デオコの公式HPを見ても、どこにも「デリケートゾーンに使えます」とは書いてありません。

実際に愛用者の口コミを見てみても、

「デリケートゾーンのニオイに効果があった!」という方と、「デリケートゾーンにはしみてとてもじゃないけれど使えない」という口コミが二分していましたね。

肌が強い方はデリケートゾーンに使用しても刺激を感じないのでしょう。

しかし、デオコをデリケートゾーンに「毎日使用する」には、洗浄力と皮膚刺激が強すぎます。

使い続けることによって、デリケートゾーンの肌荒れや炎症が起こる可能性も十分あります。

デリケートゾーンのニオイ対策として使用するボディソープは、殺菌成分は配合されていながらも、洗浄力が強すぎない弱酸性のボディソープを選ぶようにしましょう。

具体的には、ベースの洗浄成分が「アミノ酸系」や「ベタイン系」であるものが、デリケートゾーンにはおすすめです。

石鹸成分がベースのデオコボディソープよりは少しお値段は高くなりますが、デリケートゾーンにヒリヒリとしみることなく、快適にニオイ対策ができますよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました