デリケートゾーンの黒ずみとたるみが気になる!しわしわに老化する前にすべき5つのこと

黒ずみの悩み

女性は年齢を重ねるにつれて、顔の皮膚が老化するのと同じように、デリケートゾーンも老化します。

黒ずみは何もケアしていない状態ですと、歳ととも蓄積・悪化していきます。

また、30代後半頃から、黒ずみとともに多くの女性が気になり始めるのが、デリケートゾーンの「たるみ」です。

顔のスキンケアの差が今後の見た目年齢を左右するように、デリケートゾーンの肌も、いつまでも若々しく保てるか、しわしわに老化してしまうかは、今のケア次第。

黒ずみとたるみのないデリケートゾーン目指して、フェイスケアと同様、デリケートゾーンもしっかりお手入れしましょう。

デリケートゾーンの「黒ずみ」と「たるみ」の原因は?

年齢を重ねると気になり始めるデリケートゾーンの「黒ずみ」と「たるみ」。

まずは、それぞれの原因は何か、見ていきましょう。

デリケートゾーンの「黒ずみ」の原因は?

①下着の締め付けや洗いすぎなどの摩擦などによる炎症

サイズの合っていない下着や、入浴時に洗いすぎるなどの刺激が色素沈着の黒ずみの原因になります。また、トイレのたびに強く拭くという行為も黒ずみになります。

②アンダーヘアの自己処理による色素沈着

毛抜きやカミソリなどの刺激も、肌の炎症を引き起こし、黒ずみの原因になります。

③加齢やストレスによるホルモンバランスの変化

加齢やストレスなどによるホルモンバランスが変化すると、肌のターンオーバーが乱れます。その結果、本体剥がれ落ちるはずの「メラニンを含んだ角質」が肌にとどまり、黒ずみになります。

 

デリケートゾーンのたるみの原因は?

①加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸量の減少

肌は、外側から角質層・表皮・真皮・皮下組織という構造になっています。

このうち、たるみのなく弾力・ハリのあるデリケートゾーンの重要なキーを握るのが「真皮」です。

真皮はコラーゲン・ヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞などで構成されていますが、年齢を重ねるにつれ、コラーゲン・ヒアルロン酸の量が減少します。

そうなると真皮が薄くなるため、肌に受けるダメージを回復するのが難しくなり、たるみやシワを引き起こします。

②コラーゲンの「糖化」

糖分は、体を動かす素になる重要な栄養素ですが、摂取しすぎたり、加齢やストレスが加わると、「糖化」という現象を引き起こしてしまう「要注意な栄養素」。

正常なコラーゲンがたんぱく質と反応して「糖化コラーゲン」になると、弾力性がなくなり、デリケートゾーンのたるみやしわの原因になります。

また、コラーゲンの糖化は茶ぐすみの原因となることも知られており、蓄積すると、デリケートゾーンのひどい黒ずみも引き起こします。

③睡眠不足・栄養不足・喫煙などの生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも、デリケートゾーンのたるみやしわを引き起こす原因です。

睡眠不足や、栄養バランスが乱れると、肌に必要な栄養が行き渡らず、新陳代謝がうまくいかずにたるみをひき起こします。

また、喫煙は、肌のハリのもととなる「コラーゲン生成」に必要なビタミンCを破壊させます。

たるみだけでなく、ビタミンCが不足するとメラニンが多く作られ黒ずみの原因にもなります。

④体重の急な増減

体重が急に増えると皮膚は伸びますが、急激なダイエットなどで体重が急に減っても皮膚は伸びたままで戻らず、デリケートゾーンのたるみやシワの原因になります。

⑤デリケートゾーンの乾燥

デリケートゾーンの肌を乾燥させることは、肌のバリア機能を低下させ、炎症を起こしやすい肌になり、黒ずみ・たるみ・しわの原因になります。

 

デリケートゾーンの「黒ずみとたるみ」を防ぐためにすべき5つのこと。

①デリケートゾーンにできるだけ刺激を加えないようにする。

デリケートゾーンの黒ずみの原因はほとんどが肌への刺激による色素沈着です。

下着のこすれや除毛・洗浄時の摩擦など、多くの刺激が加わりやすい箇所ですが、極力刺激から守りることによって黒ずみを予防することができます。

 

②バランスの良い食生活・たっぷりの睡眠を心がけ、ストレスのない生活を送る。

毎日の食生活で栄養をバランス良くしっかりとり、睡眠もたっぷりとることで、肌にしっかり栄養が行き渡るようになります。

新陳代謝が活発化することでデリケートゾーンの黒ずみやたるみを予防することができます。

喫煙はできるだけ控えるようにしましょう。

また、ストレスも活性酸素が増え、肌のサビ(酸化)の要因になりたるみの原因になるので、趣味などを通して、ストレスうまく発散させるようにしましょう。

黒ずみやたるみを予防するために積極的に摂りたい栄養素は、ビタミンCやコラーゲン・ヒアルロン酸、ポリフェノールです。

ビタミンCは、メラニンの生成を抑制する効果と、コラーゲン生成に役立つまさに「美のビタミン」。

緑黄色野菜に豊富に含まれています。

また、コラーゲンやヒアルロン酸は真皮のハリをもたらし、たるみを予防します。

コラーゲンやヒアルロン酸は普段の食事ではなかなか十分な量を摂ることが出来ない栄養素なので、サプリメントなどを活用するのも良いでしょう。

さらに、ポリフェノールは、肌の活性酸素を除去する働きがあり、黒ずみ・たるみに効果的です。緑茶・ココア・ブルーベリー・赤ワイン・ゴマなどに多く含まれています。

 

③糖化を防ぐ食生活を心がける。

たるみを引き起こす「肌のコラーゲンの糖化」を防ぐには、血糖値の上昇をゆるやかにするよう心掛けることが大切。

具体的には、糖分の多い食事やスイーツなどを控えめにしたり、低GI食品を取るようにする。

また、食事の順番も野菜類など食物繊維を豊富に含むものを先に摂ることで、急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

糖化を予防すると、真皮のコラーゲンのバネのような弾力が失われず、たるみやシワのないハリのあるデリケートゾーンを維持することができます。

 

④急激なダイエットはしない。

急なダイエットで大幅に減量すると、皮膚が余り、デリケートゾーンにたるみやシワをもたらします。

ダイエットをする場合はゆっくりと無理のないペースで進めるようにしましょう。

食事を減らし、たんぱく質の摂取量が減ったりすることも、真皮のコラーゲンなどの生成がスムーズにいかずにハリを失い、たるみを引き起こします。

ダイエットはあくまで「無理なく」行うことが大切です。

 

⑤デリケートゾーンのケアを怠らない。フェイスケアと同様、「保湿」と「美白」を意識して。

毎日のフェイスケアと同様、ケアをしっかりすることで、黒ずみやたるみは防ぐことができます。

顔の肌より薄く繊細で、顔以上に「丁寧なスキンケア」が求められるのがデリケートゾーンです。

体全体に使うことのできるボディケアクリームではなく、デリケートゾーン専用のクリームやオイルでケアするようにしましょう。

黒ずみとたるみを予防するには、美白成分と、保湿成分が両方配合されている「クリーム」や「オイル」をチョイスするのが良いでしょう。

生活習慣と、毎日のケアを見直して、いくつになっても黒ずみやたるみ、シワのない、若々しいデリケートゾーンを目指しましょうね。

 

デリケートゾーン黒ずみクリームランキング!
コスメコンシュルジュが選ぶ!デリケートゾーンの黒ずみを治す美白クリームランキング!価格・成分などを考慮し、人気のクリームをランキング形式でご紹介!選び方のポイントは?また、効果的に黒ずみを治すために知っておきたい原因と対策法とは?
タイトルとURLをコピーしました