尿素配合クリームの黒ずみへの効果は?膝・肘、おしり、脇やデリケートゾーンに使える?

保湿クリーム 黒ずみを治すクリーム

尿素配合のクリームは、体の黒ずみに効果はあるのでしょうか?

また、膝や肘、おしり、脇、デリケートゾーンやくるぶしなど、黒ずみのできやすい箇所のうち、どこに使用することができるのでしょうか?

 

 

尿素とは?黒ずみに効果あるの?

尿素クリーム

尿素とは、保湿作用のある成分で、私たちの体から出る汗などにも含まれている天然の成分です。

水によく馴染む性質や、タンパク質の構造を壊す性質があるのが特徴です。

肌の角質は、ケラチンと呼ばれるタンパク質でできていますが、尿素は、このタンパク質の構造を壊すことができるのです。

そのため、ガサガサに硬くなった角質がはがれ、つるつるな新しい肌に生まれ変わります。

つまり、尿素には、肌の角質を溶かすピーリング効果があるということです。

古い角質の中には、ターンオーバーが乱れ、メラニンが剥がれ落ちずに残ってしまったものもあります。

これが黒ずみの正体なんですね。

尿素が古い角質を分解してくれることにより、メラニンも一緒に分解され剥がれ落ちるので、黒ずみ解消の役に立ちます。

参考:皮膚の保湿メカニズム(日本香粧品学会誌)

黒ずみケアにおすすめの尿素配合クリーム4選

①ケラチナミンコーワ 尿素20%配合クリーム

ケラチナミン尿素クリーム

>>ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム

肘や膝・くるぶしの角質のたまった黒ずみに効果的。

20%尿素配合で、体の中にある水分を肌にとり込み、乾燥しないみずみずしい肌に導きます。

尿素の皮膚をなめらかにするピーリング効果でつるつるすべすべな肌を実感できます。

ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリームの口コミは?

二の腕のぶつぶつと、おしりの黒ずみに使ってます。保湿クリームと思うと少し値段が高い感じがしますが、効果を考えるとコスパは良いと思います。

尿素は使い続けるものではないと思うので、しばらく使ったら休んで、また気になったら使う、という使い方をしています。(出典:アットコスメ)

 

くるぶしの角質と黒ずみによく効きます。40代になってから、かかとや膝もガサガサがひどい。サンダルをどうしてもはきたくて、ケアに励んでおります。

ケラチナミンはなかなかいい仕事してくれます。肌の手触りがよくなって、黒ずみも目立たなくなってきています。(出典:アットコスメ)

 

乾燥の季節はこれがないと乗り切れません。かかとの荒れで、ストッキングが破れるのも防げるし、肘や膝もつるつるでいられます。(出典:アットコスメ)

 

②資生堂UREA尿素10%クリーム

資生堂尿素クリーム

>>資生堂UREA尿素10%クリーム

尿素10%配合で、硬くなったひじやひざ、かかと・くるぶしなどを柔軟にするクリームです。

手ごろな価格も魅力。

資生堂尿素10%配合クリームの口コミは?

ひざ・ひじ・かかとに使っています。夜塗って寝ると、朝つるつるになっています。黒ずみも少し薄くなりました。(出典:アットコスメ)

 

ワセリンのようなべたつきがないのがいいです。なのにしっとりすべすべになりますね。私はひざとくるぶしに塗っています。蓋も回すタイプでなく、使いやすいです。(出典:アットコスメ)

 

さらっとしていてニオイもないのがいいです。お風呂上りにひじとかかと、ひざに使用しています。ガサガサで黒ずんでいたのもよくなりました。(出典:アットコスメ)

 

 

③クロキュアb

クロキュア尿素クリーム

>>ひじひざザラザラ治療薬「クロキュア」送料無料

尿素20%配合。黒ずんだ角質を除去し、肌をなめらかにします。

また、トコフェロール酢酸エステルが血行を促進し、ターンオーバーを整えます。

炎症を防ぐ「グリチルリチン酸ものアンモニウム」も配合。

クロキュアの口コミは?

膝の黒ずみに効果ありました。使用感はさっぱりしているので、クリーム系のべたつきが嫌いな私でも使うことができました。(出典:アットコスメ)

 

子供に、肘が「すごい黒いね!」と言われて慌てて使い始めました。さすがに一本ではきれいになりませんが、若干黒ずみが薄くなってきたような気がします。

ひざやかかとにも使ってみたいと思います。(出典:アットコスメ)

 

まだ20代なのに、くるぶしの黒ずみがひどくて、これはいかん!と思って使い始めました。

1本使い終わるころに、なんとなく黒ずみに効果が出てきました。いい感じなので続けてみたいと思います。(出典:アットコスメ)

 

④フェルゼアHA20クリーム

フェルゼア尿素クリーム

>>フェルゼアHA20クリーム

尿素20%配合。

尿素配合のクリームはざらざらしたり、肌なじみがよくないものも多いですが、フェルゼアは独自の技術で尿素を溶かし込み、なめらかな感触なのが特徴。

抗炎症成分・血行促進成分も配合。

フェルゼアHA20クリームの口コミは?

いろいろな尿素配合クリームを試していますが、私にはこれが一番あっています。

くるぶしと膝の黒ずみが冬季になるとひどくなりますが、これのおかげでつるんときれいな肌を保てています。(出典:アットコスメ)

 

ひざ・ひじ・すね・かかと・くるぶし、とあらゆるところがガサガサで黒いのですが、フェルゼアを塗ると、乾燥をまず感じなくなって、続けていると色も少し明るくなってきます。効果あると思います。(出典:アットコスメ)

 

私はおしりの黒ずみと肘に使っています。1個使い終わったときにはかなり改善されましたよ。(出典:アットコスメ)

 

尿素の危険性は?使用するなら、必ず知っておきたいこと。

尿素の使用上の注意

タンパク質を分解する作用があり、ピーリング効果の高い尿素。

ガサガサに古い角質が厚くなっている箇所に使うと、つるつるな肌が現れ、その効果には驚くでしょう。

しかし、その現れ出たつるつるの肌は、生まれたばかりのまだ未発達な、もろい肌です。

あまりにつるつるな肌に感動して、尿素が配合されているクリームで毎日ケアを続けると、必要以上に肌を痛めつけてしまうことになります。

尿素配合のクリームを利用するのは、あくまで「ガサガサに角質がたまってしまっている肌のみにする」のが好ましい使い方です。

また、尿素は名前からも推測できるように、分子に「アンモニア」を持っています。

クリームが古くなったり、保存方法が悪いと、アンモニアが生成されてニオイが発生することも。

また、アンモニアはアルカリ性なので、肌には刺激となり非常に危険です。

そのため、尿素配合のクリームは、保存方法には特に注意する必要がありますし、開封後はなるべく早く使用する必要があります。

 

尿素は、膝や肘、おしり、脇、デリケートゾーンのどこなら使える?

尿素配合のクリームは、体のどのパーツなら使ってもよいのでしょうか?

パーツごとに、考えていきたいと思います。

 

尿素配合のクリームは、膝や肘の黒ずみに使ってもいい?

膝・肘

膝や肘、くるぶしは皮脂が出にくいため、乾燥しやすい箇所。

さらに、肘はいろいろなところに置いたり、毎日の生活で「膝をつく」という動きも何度もしますよね。

肘や膝はそのたびに刺激を受けています。

肌は刺激を受けると分厚く・硬くなっていく性質があります。肘や膝のガサガサに角質がたまった黒ずみには、尿素クリームでのケアは最適。

分厚くなったメラニンを含む角質が分解され、やわらかい肌を手に入れることができます。

ただ、何回か尿素配合クリームでケアして、肘や膝の手触りが「ガサガサ」でなくなり、ほかの肌を同じような「なめらかな状態」になったら、尿素配合クリームでのケアは中止しましょう。

なぜなら、角質がたまっていない状態で、ピーリング効果の高い尿素を塗ると、肌に必要以上に刺激を与えてしまうからです。

肌がなめらかな状態でもまだなお、黒ずみが気になるようなら、尿素ではなく、メラニンにアプローチする「美白成分の配合された黒ずみ解消クリーム」を使用するようにしましょう。

 

おしりの黒ずみに尿素配合のクリームでケアできる?

おしり

おしりとひとことで言っても、パーツによって考え方が違います。

肛門周辺のデリケートゾーン(Oライン)その他の部分とでは肌の薄さが違いますので分けて考えましょう。

① おしり「Oライン」の部分の黒ずみに尿素クリームでケアできる?

おしりの肛門周辺のOラインは、皮膚が薄くデリケートな箇所です。

尿素配合のクリームでは刺激が強すぎます。炎症を起こし、さらに黒ずみがひどくなることも。

Oラインにはデリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使用することをおすすめします。

② おしりの「Oライン以外の部分」の黒ずみは尿素クリームでケアできる?

おしりの中でも、Oライン以外の部分には基本的には尿素配合クリームでのケアが可能です。

座るときなどに肌負担がかかったり、こすれることによって角質が厚くなっている場合は、ピーリング作用のある尿素配合クリームでのケアが効果的。

おしりのざらつきがなくなり、黒ずみもよくなるでしょう。

 

脇の黒ずみに尿素配合のクリームは使用できる?

脇

尿素配合のクリームが安全に使えてかつ効果を実感できるのは「角質がたまってガサガサした肌」の黒ずみです。

脇の皮膚はガサガサした角質がたまっているでしょうか?

おそらくほとんどの場合が「ノー」かと思います。

脇の肌は薄く、角質がたまってガサガサになる、ということはあまりありません。

そのため、角質除去効果の高い尿素を塗ると、高いピーリング作用で肌を痛めてしまうことになります。

脇の黒ずみには、尿素ケアは向いていないと言えるでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみに、尿素配合のクリームは使える?

デリケートゾーン

デリケートゾーンは、ほかの部分の皮膚と比べてかなり皮膚が薄い箇所です。

角質化してごわごわになるということはまずありません。

尿素の「肌のタンパク質を溶かす作用」はかなりの肌負担になってしまいます。

尿素配合のクリームを塗り続けると、もともと薄いデリケートゾーンの肌がさらに薄くなり、刺激に敏感な状態になってしまいます。

肌のバリア機能が壊れ、しみたりかゆみが出たりなどの原因になり、黒ずみが悪化することも考えられます。

デリケートゾーンの黒ずみには、尿素ではなく、美白成分が配合されている専用の黒ずみクリームを使うようにしましょう。

 

まとめ

尿素配合のクリームは、角質ケア・黒ずみケアには大変効果を発揮する、便利なクリームです。

ただ、使う箇所がまちがっていたり、「尿素を使うべき肌状態でない場合」に使い続けていると、肌負担になり、黒ずみが悪化してしまうことも大いにあります。

これまで述べてきたことを参考に、使うべき箇所に、使うべき肌状態のときのみ、使用するようにしましょう。

尿素クリームが適さない場合は、美白成分の配合されている「黒ずみ専用クリーム」を使うのがおすすめ。

「尿素クリーム」と「黒ずみクリーム」をうまく使い分けて、より安全かつ効果的に黒ずみケアをしましょう。

デリケートゾーン黒ずみクリームランキング!
コスメコンシュルジュが選ぶ!デリケートゾーンの黒ずみを治す美白クリームランキング!価格・成分などを考慮し、人気のクリームをランキング形式でご紹介!選び方のポイントは?また、効果的に黒ずみを治すために知っておきたい原因と対策法とは?
タイトルとURLをコピーしました