グリセリンカリ液はグリセリンPとどう違う?黒ずみに効果的な使い方は?どこに使える?

セルフケアで黒ずみを治す

ひびやあかぎれ用の医薬部外品「グリセリンカリ液」が、

体の黒ずみにも効果的!しかもコスパも最高!

と、話題になっているようです。

ここでは

・グリセリンカリ液とはどんなものなのか?

・黒ずみに効果的な使い方は?

・黒ずみの気になる脇や膝、くるぶし・デリケートゾーンなどのうち、どこに使うことができるのか?

ということについて見ていきたいと思います。

グリセリンカリ液とは?グリセリンpとはどう違うの?

グリセリンカリ液違い

①配合されている成分の違い

グリセリンカリ液 1mL中 水酸化カリウム3mg、グリセリン0.2mL、添加物としてエタノール、香料を含有。
グリセリンP 1mL中 日局グリセリン1mLを含有。

参照:健栄製薬HP

グリセリンの成分は「グリセリンのみ」に対して、グリセリンカリ液は「水酸化カリウム」にグリセリンが

 

②肌への効果の違い

グリセリンカリ液 皮膚を軟化し、乾燥を防止する液剤です。
手足のヒビ、あかぎれなどの治療に用いられます。
グリセリンP 肌にうるおいを与えます。

グリセリンpが肌にうるおいを与えるのに対して、グリセリンカリ液は皮膚を柔らかくし、乾燥を予防します。

グリセリンカリ液は、かかとやひざなど、古い角質がたまって硬くなった皮膚に最適です。

グリセリンカリ液の黒ずみに効果的な使い方とは?

方法は

グリセリンカリ液は、古くて硬くなった角質を柔軟にし、新しい肌に生まれ変わるのを促進させるため、黒ずみにも効果を発揮します。

グリセリンカリ液の使い方は簡単!

【グリセリンカリ液の使い方】

コットンに適量をひたして、黒ずみの気になる部分を軽くふき取るようになじませる。

とてもシンプルですね。

角質がたまってゴワゴワになってしまった皮膚は、クリームを塗る前に、まず古い角質をオフすることが大切。

その後のケアの浸透度もアップしますよ。

 

グリセリンカリ液は、脇や膝・肘・くるぶし、デリケートゾーンの黒ずみにも使えるの?

脇

グリセリンカリ液の主成分である「水酸化カリウム」は、強アルカリ性です。

アルカリは肌を溶かす作用があるので、かかとなどのひどくゴワゴワした角質を除去することができるのです。

その一方、肌への刺激が強いので、「肌が薄く敏感な箇所」の黒ずみのお手入れにグリセリンカリ液は使用することはおすすめできません。

【グリセリンカリ液での黒ずみケアが向いている箇所】

膝・肘・かかと・くるぶしなど、皮膚が丈夫な箇所

 

グリセリンカリ液での黒ずみケアが向いていない箇所】

デリケートゾーンや脇・顔など皮膚が薄く弱い箇所

デリケートゾーンや顔、脇などの皮膚が薄い部分の黒ずみにグリセリンカリ液を塗ると、ヒリヒリとしみたり、赤みやかゆみがでることも考えられます。

肌は刺激を受けて炎症を起こすと、メラニンが過剰に生成され、黒ずみが悪化してしまいます。

そのため、肌の弱い箇所は、グリセリンカリ液でのお手入れは控えた方が良いでしょう。

脇やデリケートゾーンなどは、刺激の少ない専用の黒ずみクリームでケアすることをおすすめします。

 

グリセリンカリ液で「黒ずみをケアしている」という口コミはある?

ツイッターのグリセリンカリ液の口コミは?

足首の座りダコが気になり、色々検索していたら『グリセリンカリ』に辿り着きました。
毎晩お風呂上がりに使って2週間ですが、黒ずみが少し薄くなったかも。
踵のお手入れにも良いとのことなので、ワセリンたんまり塗り込んでいないと即ガサガサひび割れする踵にも塗布しています。
こちらは効果覿面!サボリ気味でひび割れ始めていた踵がツルツルです!
今までの苦労は何だったのか?と言うくらい、サッと塗るだけで終了~♪
ひび割れやヤスリで削り過ぎて痛い思いしていたのが嘘のようです。
踵のお手入れに手こずっている方には是非試してもらいたいです。

ーアットコスメ

 

とってもいいです。
和のお稽古事をしているので正座は必須、膝だけじゃなく
足首にも黒ずみ(厳密に言うと黄ばみ)が出て、ぽこっとしたふくらみも…。

ショックで調べてこちらにたどり着きました。
2回使った感じでは、一番効果があります。
周囲から普通の肌色になってきています。完全になくすには正座を
やめなくてはいけないのでしょうが、まずまず。

しかも、角質が取れるのに肌が柔らかくなるので
以後のケアもさほど気を使わずラクです。
様子を見ながら続けていきたいと思っています。

ーアットコスメ

 

瘠せているのでヒップの黒ずみが気になり。。
皮膚科に行ったついでに診てもらいましたが
「痩せ型の人に多い物理的刺激による色素沈着」との事で
対処法はなく。
エステのピーリング?とも思っていたと所でこちらを見て
試しに。 今でお風呂上がりに毎日約1カ月。
ヒップなので軽くなぜる程度。

若干うすくなりつつあります。
もう少し継続してみます。

ーアットコスメ

 

本来は、ひび・あかぎれ用の溶液らしい。

膝やビキニラインの黒ずみに効かないかな、と買ってみた。半分位使った所だけど…特に何の変化も無し。

シットリはするけど、膝は黒いまま。

保湿性なら別にコレじゃなくたっていいんだけど。何か即効性を感じた方もいらっしゃるみたいで、実に羨ましい限り。

試しに唇の色グスミに効かないかと使ってみたら、ビリビリ沁みて痛かっただけで、やはり効果は無し。脚は平気だったけど、粘膜はダメみたい。安かったとは云え、期待した効果は無かったんで、使い切ったらリピはしない。

ーアットコスメ

膝や肘、くるぶしなどの黒ずみに効果があった方も多いようですが、なかには、効果がなかった。ヒリヒリしみて痛かった。という口コミもありました。

「粘膜」への使用は厳禁です。

グリセリンカリ液は、あくまで、「肌が丈夫な箇所で、角質が厚くゴワゴワしたところの黒ずみ」にだけ使用するようにしましょう。

それ以外の部分には、「肌に優しい処方の黒ずみ美白クリーム」を使用するなど、箇所によって使い分けるのが「安全で効果的な」黒ずみケアのポイントです。

 

タイトルとURLをコピーしました